セブンイレブンの麺類は体に悪いから食べるな❗


スポンサードリンク

セブンイレブンの麺類は体に悪いから食べるな

 

dispImage

 

 

冷やし中華、ミニ冷やし中華、ざるそば、かき揚げそば、タンメン、カレーうどん、その他の麺類

 

 

 

私はセブンイレブンの麺類を製造する会社に何年かいたことがあります。一般の人からすれば食品会社の実態なんて見たことがない人がほとんどだと思います。安全?健康?そんなのないです。あたかも健康をうたっているだけで中身は添加物が豊富な害悪食品。発ガン性物質ばっちりなんです。美味しい食べ物、口当たりがいい食べ物なんか添加物が満載なんです。今すぐ食べるのをやめた方がいいでしょう。

 

 

実際の中身とは?冷やし中華、ミニ冷やし中華の実態!

 

09008573_00_00_main_l

 

まずみなさんが一度は口にしたことがあるであろう冷やし中華、ミニ冷やし中華から。このアイテム夏場はこれだけで何万食も一日に製造するくらい人気アイテムですが、これも体に悪い物がはいっています。

生野菜は機能水という水で殺菌されます。

この機能水というのは一般では耳にすることがないと思いますがこれは電解水の一部で中身は次亜塩素(プールに入れてある消毒)、食塩水、塩酸水などを混ぜたものが機能水と言います。他にも色々入っていますがここは分かりやすい物だけピックアップしました。

なぜ生野菜をこの機能水で消毒するかと言うと日持ちと消毒。セブンイレブンの商品は製造日から三日間は店頭に並べることができます。普通に水洗いだけした生野菜は三日も置いといたら変色してとてもじゃないけど食べれるような商品にはなりません。ここで活躍するのが機能水という訳です。これが体にいいか、悪いかは自己判断ですけど。

ここの機能水までいくには工程があり、原菜(仕入れた段階の野菜)ここから洗浄、殺菌へいくのですが洗浄には野菜専用の洗剤で綺麗に洗います。普通野菜洗剤で洗いますか?これが終わったら野菜の表面に付いた菌を落とします。このやり方は90℃のお湯に15秒間野菜を沈めます。これは表面殺菌という工程になります。これが終わるといよいよカットして冷やし中華用に短冊になったきゅうりを殺菌するという流れですね。機能水につけた後はもちろん洗い流します。チラー水という、これはただの水です。チラー(冷たい)という意味のチラーです。この工程をちゃんとやらないと野菜は塩素臭くなりとても口に入れれる物にはなりません。

私が居たころに何回かお客様からクレームで「塩素臭い」というクレームが入っていました。作っている側からすれば「そりゃそうだよ」って思います。ここまでを見て逆に丁寧に洗ってくれてちゃんとしているなぁと思えばそれまでです。もう一度繰り返します。野菜を洗剤で洗い、殺菌、消毒をした野菜がみなさんの口に入るんですよ!?では次に、

 

 

かき揚げそば、ラーメン、タンメン類、温かいカップ麺について

 

dispImage

 

最初に温かいカップ麺にも先ほど言った生の野菜は使われております。ネギなど。

一番注目してほしいのはスープです。これには化学調味料がたくさん使われています。全部の成分を書くととてつもない量になってしまうので一使用が量が多いのは「味の素」です。この発がん性物質はみなさんも知っていると思いますが、この味の素とてつもない量が入っています。これを入れることによって味は抜群に美味しくなりますが所詮は化学調味料。体にとても悪いものです。

よく考えてください。お店でかき揚げそばやタンメン、味噌ラーメンなど400円台で食べれますか?お店の半分で食べれるというはいかに化学調味料が入っているか、わかりますよね?いちいち素材から出汁を取ってスープにしているわけありません。決められた配合で添加物いっぱいの化学調味料を釜に入れスープにしているだけです。

たまにはコンビニの商品もいいですが、毎日食べるといつかは体を壊します。ここでは簡単にお伝えしましたが絶対に毎日口にしないほうが体にはいいです。


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

スポンサー
スポンサードリンク