色々な種類のアフィリエイトでアホみたいに稼ぐ!

色んな種類のアフィリエイトでアホみたいに稼ぐ方法とは?

 

 

 

アフィリエイトの手法は数多くありますが、種類がありすぎて何から手を出していいか初心者の人は困ると思います。私が初心者の方にいいたいのは、とにかく文書を作ることです。文字をうつ作業といいますか、どのアフィリエイト手法に関しても文字をうつということからは逃げれません。ここでは外注に任せるという手法は省きます。経費をまったくかけたくないという人は無料でHPを作ったり、無料ブログをたちあげて文字をうつ作業の練習をした方がいいです。先にも後にも「文字をうつ」のが必要になってきます。馴れてくれば技術も上がり、ライティングも気にするようになってきます。ネットの世界は顔が見れません。文書のみで相手を口説き落とす。文書が下手なサイトからは成約はしません。これは量をこなせば、自然と身についていきます。売れる文書、売れない文書、作らなきゃわかりません。他サイトからマネをしたらペナルティになるので必ずオリジナル文書作成をしてください。これには時間がかかります。すぐに身につくことではないので気長にやってみてください。モチベーション維持が大切ですが、挫折したら終わりなので、毎日1記事更新とか目標を決めてやるのがコツになります。

 

とにかく書いて、書いて、書きまくる。

 

最初はこれだけでいいと思います。

 

興味のあること、趣味のこと、とりあえず途切れない為に最初はアフィリエイトはぬきにして記事更新。広告は後からでも追加できます。むしろ、アフィリリンクに関しては記事がインデックスされてからがいいので、数日間置いてからの方が望ましいです。

 

アフィリエイトの種類について

 


スポンサードリンク





トレンドアフィリエイト

特化型アフィリエイト(ブログ)

物販アフィリエイト(サイトアフィリエイト)

メルマガアフィリエイト

無料オプトインアフィリエイト

情報商材アフィリエイト

PPCアフィリエイト

自己アフィリエイト

 

これらのアフィリエイトにはメリット、デメリットが存在しますが、自分に合ったアフィリエイトの種類を選んでください。

 

 

初心者の方に一番向いてるのは、トレンドアフィリエイトです。これは今話題のネタやニュースなどを記事にしていく方法です。広告はGoogle アドセンスというクリック報酬型。大量のアクセスを集めて広告をクリックしてもらうというやり方です。このトレンドアフィリエイトは記事を書くことによってアクセスを集めるので、ライティング技術などの手間は一切ありません。ただデメリットが毎日更新しなければいけません。旬の話題を中心に記事を書くのでアクセスは安定しません。ですが初心者の方にはアフィリエイトで報酬が上がるという最短の方法ともいえます。ジャンル問わず記事を追加できるので飽きはきません。1つの方法として、ある程度報酬が上がり始めたら、そのお金で外注に任せるのが一番いい方法です。ほぼ手付かずの状態で、あなたのサイトからは報酬が上がり続けます。トレンドアフィリエイトで稼げる額は上限がありませんが平均すると20万前後といったところでしょう。上手い人はAmazonや楽天などから記事に合う広告を選んでアドセンス以外の報酬をあげる人もいます。例えばジャニーズの話題を書くとしたら、DVDやCD、写真集などの物販を記事中に仕掛ければ売り上げが上がります。うまく組み合わせればトレンドアフィリエイトでも物販は可能です。初心者には◎のアフィリエイト手法となります。

 

 

 

続いてはサイトアフィリエイトです。これはブログやホームページを作って自分のサイトから何かを購入してもらうというシンプルなアフィリエイト手法となります。言葉では簡単に伝えられますが、シンプルな故にとても難易度が高いものとなります。新規ドメインでサイトを立ち上げ記事を入れていっても最初は売上が中々上がりません。キーワード選定が重要にもなります。いち早くサイトアフィリエイトで成果をあげたいなら、中古ドメインでサイトを作り、外注でも記事を作ってもらい、さらには集客していく方法があります。参入するジャンルも慎重に選んでください。稼げるジャンル、売れやすいジャンル。ライバルがたくさんいるジャンルは稼ぎにくいと思われがちですが、狙うキーワードをスモールキーワードで攻めればライバルもいなくなります。ビッグキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワードがありますが、人気のあるジャンルを選択した人はスモールキーワードで記事を固めていけば、上位表示もされるので、サイトアフィリで成果を上げることができます。また今ではアフィリエイトに関する塾がたくさんあります。塾に入ってサイトアフィリを勉強しながらサイトを更新していくのも1つの手です。高額の塾には入りたくないという人はアフィリエイト仲間を見つけて一緒に作業を進めていくのもいい方法です。同じレベルの人も見つけやすくなります。


スポンサードリンク





タグ:

コメントをどうぞ

スポンサー
スポンサードリンク